スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | ▲TOP TB(-)CM(-)

鬼トレ感想2

鬼トレを40日間やってみての感想です。

まずは、鬼トレの現在の最高レベルの紹介から。

鬼計算 5バック
鬼めくり レベル12
鬼ネズミ 4匹
鬼朗読 レベル5
鬼記号 3バック
鬼ブロック レベル7
鬼カップ 速い6カップ
鬼耳算 3バック

鬼トレグレード A

40日目にして最後の脳トレができるようになり、すべてのトレーニングが選択できるようになりました。

40日目になると鬼トレニュースが流れます。そのときに川島教授が言ってたのは

鬼トレの効果は鬼トレをやめると減るということ、そして長期間鬼トレを続けると効果が持続するということでした。

まぁ、当然のことなんですが、毎日続けるということが大事なんですね。

【感想】
鬼トレグレードを検索するとどうやら最高グレードはSSSのようです。

到達できる人はどんな人なのか、興味があります。ワーキングメモリーの容量が大きい人たちなんですかね。

あと任天堂のサイトでお笑いコンビのロザンが3バックに挑むという映像があって、見てみたのですが、宇治原さんはすごいですね。数日のトレーニングで速い5バックまで到達しています!

私はいま5バックの壁を感じているのでなんとか毎日続けて乗り越えたいです。


鬼トレ感想

鬼トレを1ヶ月やってみての感想です。

まずは、鬼トレの現在の最高レベルの紹介から。

鬼計算 速い4バック
鬼めくり レベル12
鬼ネズミ 4匹
鬼朗読 レベル5
鬼記号 3バック
鬼ブロック レベル7
鬼カップ 速い6カップ
鬼耳算 速い2バック

ちなみにグレードはグレードBの中間あたりです。

【感想】
鬼トレを初めて2週間くらいは同じレベルを記録してばかりでした。

ですが、それからちょっとしたら壁を超えて、次のレベルに進むことができました。

初日には無理だろうと思っていた3バックさえもいまでは100%の正答率を出せます。

鬼トレはかなり脳に負荷がかかるなという印象のゲームです。それを毎日5分×8トレーニング40分+鬼トレ補助30分=合計70分もやっていれば、日常生活でのなんらかの改善が起こりえるなぁという感じがします。

今後も鬼トレの効果を信じて続けていこうと思います。

【その他】
川島教授の脳に関する豆知識で印象に残っていることにラジオやテレビをつけながら勉強する、いわゆる「ながら勉強」は効率が下がるということがありました。私の知っていた知識ではある程度の雑音は集中力をあげると思っていたので、新発見でした。

他に伝えたいことは鬼トレと鬼トレ補助はセットで行うとよいこと、鬼トレの効果に集中力に関係する抑制力を伸ばすことができることがあります。(脳講座や脳ニュースより)



鬼トレ購入

3DSのソフト「ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」通称鬼トレを買いました。

3日間やった感想はというと、まだ効果がわからない。まぁ当然ですが。

鬼トレの公式サイトに載っているトレーニングの一部は隠し要素になっていて、

何日間かプレイしないとプレイできない仕組みになっているので、

はじめからすべての面をプレイできるわけではないです。

鬼トレの難易度ですが、結構難しいです。2バックは余裕なのですが、3バックになると

次に進めません(´・ω・`)

まぁ地道に進めていきたいと思います。



ゲオでWii買取

ゲオ店頭でWiiの買取りしました。

以下、買取価格!

Wii(クロ、Wiiリモコンプラス同梱) 7,000円
Wii クラシックコントローラー(クロ) 500円
Wii ヌンチャク(クロ) 500円
Wii Wii専用S端子ケーブル(任天堂) 100円

ドンキーコングリターンズ 2,000円

※すべて状態Aで買取り



ほとんど予想通りの値段での買取り。

FinePix F550EXR レビュー

現在使っているFinePix F550EXRのレビューをしたいと思います。

一年前の発売当初にカメラのキタムラの店頭で買った値段は23,000円でした。

今はAmazonで12,800円です。かなり値下がりしています。



【デザイン】
グリップも持ちやすい位置に配置されていて、持ちやすい。適度な重さがあり、高級感があります。

【操作性】
撮影モードはダイヤルを回せばいいので簡単。フラッシュ発光の有無の設定、マクロ撮影の切り替えもわかりやすい。上下の移動は液晶横のダイヤルを回せばできるので非常に速く操作することができます。

【画質】
1600万画素のCCDのデジカメを持っているのですが、やはり裏面照射型CMOSは暗いところに強いなという印象です。
下の画像を比べてもらうとわかるのですが、CCDのほうではノイズがのっています。一方、F550EXRのほうは明るく自然な感じで写っています。
f550exr(4)
ccd
F550EXR 1600万画素のCCDカメラ


【動画】
結構きれいに撮れます。下はズーム無しとズームありの動画。ぜひ、YouTubeのサイトで1080pの画質で見てください。

URL:http://youtu.be/MmDrLmJK7Tk



URL:http://youtu.be/VaDu1AmtOPo

【その他】
便利だなと思ったのが、充電器です。コンセントに差すプラグが折りたたみ式になっていて、旅行先などに持って行く時カバンに入れやすくなっています。
f550exr(3)
スポンサードリンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。